検非違使そう、我に運命などない無知と恐

検非違使そう、我に運命などない無知と恐怖にのまれ足を踏み外したものたちだけが運命と呼ばれる濁流の中へと堕ちてゆくのだ